再利用代金の値下げ

平成20年11月より、電化商品再利用法に元づいて再利用代金、所謂処分処理コストが改定されました。

一部ですが再利用代金が値下がりしたという感じの嬉しいお知らせがありました。

再利用代金が値下がりするというようなことは家計を預かる主婦にとっては、大変嬉しいようなことではありますが、それでもやはり物を捨てる行ためにお金がかかるんです。

この事実に関しては変わりません。

さてでは、電化商品の再利用代金は一体どのように変更されたのでしょうか?
メーカーによってその代金は異なってきますが、およその代金をご紹介するのです。

指定4品目からお話するのですと、まず、エアーコンディショナーの再利用代金が3000円程度から2500円程度に値下げです。

エアーコンディショナーは室外機と室内機のセットでこの代金となっています。

500円程度ほど値下げされたというようなことです。


さてブラウン管TVですが、画面サイズが15インチ以下のTVに限られますが2700円程度が1700円程度になりました。

これは1000円程度ほど値下げされたんです。


冷蔵庫は容量が実際に170リットル以下のというようなものに限って4600円程度が3600円程度になりました。

これも1000円程度、値下げです。


残念なようなことですが洗濯機は改定がまったくありませんでした。

上記の4品目以外にも、PCや、流行の液晶TVですとか、大きなプラズマTV、乾燥機も電化商品再利用法の対象品目に加えられています。

こうした電化商品の買い替えの際は、新規購買の予算だけではなく、古い品を処分する感じのためにかかる再利用代金も予算に入れておかなくてはいけません。
[PR]
by amenotiweb | 2010-03-07 14:55
←menu